体育機器

屋外バスケットコートの床材

鳴門にできたバスケットボールコート。無料で予約せずに使えるらしく、たくさんの人で賑わってました。

地面を見るとこんな感じ。

コンクリートでもゴムチップ舗装でもありませんでした。

なるほど。

バスケットゴールのバックボードサイズ

とある小学校の体育館。

年季の入ったバスケットゴールが今も現役で活躍中です。

ミニバスケットゴールのバックボードは、今はこのサイズではありません。これはいわゆる旧サイズ。40代の皆さんはこのサイズに見慣れてますね。縦90センチだったバックボードは、現在は80センチに変わっています。平均身長が伸びて、90センチだと頭を打つようになったのが一因とされています。

ちなみに公式サイズのバックボードは縦1.05メートル。こちらも以前は1.2メートルが標準でした。